埼玉県飯能市緑町の歯科クリニック、歯医者・歯科医院・小児歯科・一般歯科・インプラント・審美歯科・ホワイトニング

メール相談
  • ホーム
  • スタッフ紹介
  • 医院案内
  • 院内風景
  • 採用情報

矯正歯科

矯正歯科専門の歯科医師が行う矯正治療

当院で矯正治療を行う歯科医師は日本矯正歯科学会認定医です。
(日本矯正歯科学会とは矯正治療専門の歯科医師が参加している学会で、日本最大規模の矯正専門の学会となります。日本国内の歯科医師は現在99,000人余りですが、矯正認定医は2005年現在は2278名しかおりません。)

お子さまから大人まで、皆さんの歯や顎にとって、一番いい状態、つまりきれいで、咬みやすく、将来歯が長持ちするような理想的な歯並び・噛み合わせを提供できるよう、常に努力しています。 質の高さを目指していますが、敷居は高くありません。当院の姿勢はいつも、気軽に利用して頂くためのホームドクター。安心して楽しい気持ちで通って頂ける矯正診療作りと、歯並びや治療に関する正しい情報の提供を目標にしています。

一般歯科医、小児歯科医との連携

お子様の矯正や歯周病の問題がある方の治療は、歯科全般の幅広い、そして最新の知識が必要となります。矯正歯科医と、当院の一般歯科医との連携により、高度で予知性の高い医療を提供しております。

矯正治療中の、むし歯、歯周病の予防に力を入れています。

矯正装置がついている間の虫歯・歯肉炎の予防は大切です。特にお子様の第一期治療となる混合歯列期では、生えて間もない幼弱な永久歯が多く、虫歯から守るためのケア・チェックが必要です。矯正装置の調節の際に歯みがき指導、プロフェッショナルクリーニング、フッ素塗布を行います。当院では、大人もお子さまも1人1人の虫歯リスクに応じたケアを予防の専門家である歯科衛生士がサポートしています。

矯正治療の流れ

矯正相談(カウンセリング)【無料】

現在の歯並びの状態をご説明いたします。お気軽にお越しください。

矯正精密検査

口腔印象採得(模型をつくるための型採り)レントゲン撮影、コンピューター解析を行います。歯列模型を作成し、歯の大きさや顎の大きさの計測を行います。

セファロX線規格写真

矯正歯科では必要不可欠なレントゲン写真を撮影し、顎の前後左右のバランスの分析を行い、骨格の不正を明らかにします。

矯正診断

精密検査の結果から現在の歯並びの状態とこれからの治療方針をパソコンや模型を用いて具体的に説明いたします。

矯正治療開始
期矯正治療(乳歯列期の矯正治療)

乳歯列期に行う治療です。主にムーシールドなどを用いて、受け口の治療を行います。

第一期矯正治療(子どもの矯正治療)

7〜8歳から11〜12歳の子どもを対象に行う治療です。主に顎の成長をコントロールする治療を行います。顎の幅を広げたり、前後のバランスを整える治療です。

第二期矯正治療(大人の矯正治療)

12歳以上で、大人の歯がすべての生えそろってから行う治療です。マルチブラケット装置を装着し、ワイヤーで歯を動かす治療です。

矯正治療終了(保定開始)

歯を動かす治療は終了です。きれいな歯並びをそのままに保つための期間に入ります。歯並びだけでなく虫歯や歯周病のメインテナンスも行います。来院間隔は2ヵ月〜4ヵ月に一回程度です。

診療科目 一般歯科 小児歯科 歯周病治療 インプラント 矯正治療 審美歯科 口腔外科 予防歯科
メニュー 初めてご来院の方へ 症例集 キッザニア スタッフ募集 サニーデンタルブログ 院長ブログ
メニュー 初めてご来院の方へ
無料メール相談